医師紹介

院長:堀 宏成

堀胃腸科外科院長の経歴と専門
堀胃腸科外科 院長挨拶

院長:堀 宏成

>院長あいさつ

【院長】 堀 宏成

【経歴】

平成3年3月 岡山高等学校卒業
平成10年3月 大阪医科大学卒業
平成14年6月-16年5月 獨協医科大学人体病理学(藤盛教室)国内留学
平成18年3月 神戸大学大学院医学系研究科消化器外科学修了

【職歴】

平成10年6月-11年5月 神戸大学医学部附属病院第一外科
平成11年6月-12年5月 国立神戸病院(現神戸医療センター)外科
平成12年6月-12年11月 田畑胃腸病院
平成12年12月-13年5月 神戸大学附属病院麻酔科
平成13年6月-14年5月 西脇市立西脇病院外科
平成18年4月-21年3月 加古川市民病院(旧加古川西市民病院)外科
平成21年4月-22年3月 兵庫県立姫路循環器病院センター外科
平成22年4月-24年3月 済生会兵庫県病院外科
平成24年4月-27年3月 加古川東市民病院外科
平成27年4月-30年4月 兵庫県立加古川医療センター外科
平成30年4月16日- 堀胃腸科外科院長に就任、現在に至る。

【資格等】

日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化管学会胃腸科専門医・暫定指導医
厚生労働省認定臨床研修指導医
緩和ケア研修会修了
医学博士

副院長(前院長):堀 公行

堀胃腸科外科副院長の経歴と専門
堀胃腸科外科 院長挨拶

副院長:堀 公行

>前院長短信

【副院長】 堀 公行

【経歴】

神戸大学大学院 卒業
神戸大学第1外科講師
県立加古川病院外科部長
昭和58年 堀胃腸科外科 開設

【専門】

消化器を主とする診療から外科手術までを担当する。
特に年間1000件以上の胃カメラ検査で
多くの早期ガン発見に貢献。
「ガンは早期発見・早期治療から予防の時代」

【資格等】

日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医指導医
日本消化器外科学会がん治療認定医
日本ヘリコバクター学会感染症認定医
日本消化管学会認定医
医学博士

ご挨拶

院長あいさつ

このたび、堀公行の急病を受けて、平成30年4月16日をもちまして堀胃腸科外科に赴任いたしました。
事後ではありますが、改めてご挨拶を申し上げます。
私は神戸大学医学部第一外科に平成10年入局後、兵庫県内の病院にて外科医として修練を重ね、平成18年からは加古川(西)市民病院、加古川東市民病院、兵庫県立加古川医療センターに赴任しました。

私はこれまで消化器系疾患に対する内視鏡手技を始めとし、消化器病理学、胆道疾患の研究などに従事しておりました。
最近10数年は胃、大腸のみならず、肝臓、膵臓、胆道領域、ならびに鼡径部をはじめとする各種腹部ヘルニアなどの、外科手術診療に特化して研鑚を積んでまいりました。最近では時代のニーズに応じた腹腔鏡下手術に積極的に取り組んで参りました。

私のこれまで培ってきた知識をフルに活用し、この先の人生は加古川地域の皆様と共に、地域医療に生涯を掛けて貢献してまいりたいと考えています。
どうぞ皆さま、今後ともご指導ご鞭撻のほど、末長くよろしくお願い申し上げます。

平成30年5月上旬 院長 堀 宏成

前院長短信

突然のことですが、この度、私の愚息・堀宏成医師が院長として引き継ぎ、私は副院長として診療にあたることになりました。
この突然の出来事に患者様には驚きと混迷が広がったことと思います。お詫びいたします。また、兵庫県立加古川医療センターで外科部長として活躍していた新院長・堀宏成の人生設計にも困惑を与え申し訳なく思っています。
この突然の出来事とは、私がうかつに溶血性連鎖球菌の感染にかかり、菌血症から肺性心不全そして人事不省に陥ったことによります。その感染源となった左足背には、壊死性筋膜炎を発端とした大きな潰瘍を生じており、その回復に約3か月入院が必要となり、私にはとんでもない休養時間が生じたことにあります。
最近の医療事情の変革もあり、よろしければお読みください。

堀胃腸科外科は私が神戸大学第一外科講師から、県立加古川病院に赴任した後当地に開業し、地域の皆様のおかげで手術も含めた診療で約30年が過ぎました。私ども手術を行ってきたチームは、このほぼ30年間各規約・ガイドラインにも準じた手術を心掛けてきたつもりです。しかし手術に際しての各種コストは個人では経営が成立しなくなり、また私自身の高齢化も理由にメスをおろす決断に至り、2013年3月をもって手術診療を取りやめ検査主体の診療といたしました。

今後は診断の面で内視鏡専門医として活躍いたします。このたび私の後を引き継ぐことになった院長、堀宏成医師とともに副院長として粉骨砕身診療に身を捧げるつもりです。よろしくご助言賜れば幸甚に存じます。

堀胃腸科外科 堀 公行 拝

▲ページの先頭へ