上部内視鏡(経口&経鼻)

内視鏡検査の苦痛軽減に工夫をしています。

内視鏡検査は通常は口から。しかし鼻からも出来ます。

堀胃腸外科の鼻からで苦痛が少ない経鼻内視鏡 当院では内視鏡検査を「口から」と「鼻から」の二通りからお選びいただけます。
どちらにもそれぞれのよい点があります。
また、静脈麻酔をかけた苦痛軽減についても一定の基準をクリアしていただいた場合に限り、適応させていただくことがありますので、ご相談ください。

口からの胃カメラ
・ 光管が太く、照射光が強く鮮明な映像で検査できる
・ 拡大観察が可能で、詳細な観察が可能
・ 材質に一定の硬さが保て、カメラ操作がしやすく結果的に短時間で済む。
・ カメラの画素数が高く、観察能力は圧倒的に経鼻より高い。

鼻からの胃カメラ
・ 気管分岐部の通過の際に嘔吐反射が少ない。
・ 口がふさがらず呼吸が楽。
・ 患者さん自身が質問できる。
・ 気分的な苦痛症状から解放される。
 

内視鏡検査は挿入時に苦痛を感じやすい
鼻からで苦痛が少ない経鼻内視鏡のしくみ

風邪をひいたときの診察で、舌の奥をヘラみたいなもので押されて「オエッ」となりそうな経験をしたことがあると思います。これを咽頭反射(いんとうはんしゃ)といいますが、口から内視鏡を入れる場合は、多少なりともこうした咽頭反射が起こります。
経口内視鏡で検査を行う際、検査開始前に咽頭に麻酔薬ゼリーを数分間、喉のできるだけ奥の方で貯めて頂きます。これは、上の図でも示します通り、カメラが通る部分の感覚を麻痺させることで検査を可能とさせるものです。

また、経口内視鏡を可能とするために、ファイバーが喉を通過する際に、患者さんの呼吸や嚥下による咽喉頭の動きをうまく利用し、できるだけ苦痛なく挿入できるようなお声かけも行っています。

しかし、ゼリーをためることが出来ない人、喫煙習慣などにより咽頭反射が強い人、または独特の圧迫感に耐えられない人、などについては鼻から内視鏡を入れることにより、舌の根元に触れずに気管分岐を通過でき、ほとんど吐き気をもよおすことなく検査することができます。

内視鏡検査、経口or経鼻の比較

それぞれにメリット。しかしデメリットも…

微細精密加工技術により、先端部径5.9mmという、消化管用スコープとしては細いスコープを実現しました。従来の内視鏡に比べ、およそ半分です。このため、鼻腔からの挿入が容易に行えます。この細さが嘔吐感をおさえ、楽な検査にしてくれます。

 しかし経鼻内視鏡はその細さゆえに、解像度の点では経口内視鏡には劣るというデメリットがあります。またほとんどの日本人は鼻腔は狭く、さらに弯曲しているため、検査中、検査後の鼻腔内、鼻翼の痛み・違和感が残存することがあります。また、ファイバーの摩擦による鼻出血は起こりやすい合併症の一つです。

このため、経鼻内視鏡の最大の利点である「苦しさが軽減」は、残念ながらすべての質を凌駕するものとは言えないのが現実ですので、詳細観察が必要となる場合、圧倒的に経口内視鏡の方が有利なのが現実ですので、当院では経口・経鼻をどちらも併用して行っております。

経鼻内視鏡といままでの内視鏡のサイズ比較


検査器具・環境は常に清潔を保持

内視鏡介在感染を防ぎます
堀胃腸外科のピロリ菌内視鏡介在感染をふせぐ内視鏡消毒装置

一般細菌の内視鏡介在感染は常に問題となります。
これらの内視鏡介在感染を防止する為、当院では先代の頃より内視鏡消毒装置を導入しており、お一人の検査が済むたびに専用の消毒・洗浄機により使用器具の清浄化を当然のごとく怠りなく行い、清潔な内視鏡での検査・治療を心がけています。
また、検査ごとに飛沫する唾液などの体液による医療者を介した感染拡大予防のため、従事する医師・看護師の感染予防衣の着用、検査室内の換気などの対策も行っております。

▲ページの先頭へ