医師紹介

院長 

堀胃腸外科院長の経歴と専門
堀胃腸外科 院長挨拶

 

 

【院長】 堀 宏成

【経歴】

平成3年3月 岡山高等学校卒業
平成10年3月 大阪医科大学卒業
平成14年6月-16年5月 獨協医科大学人体病理学(藤盛教室)国内留学
平成18年3月 神戸大学大学院医学系研究科消化器外科学修了

【職歴】

平成10年6月 神戸大学医学部附属病院第一外科入局
平成11年6月-30年4月 神戸大学第一外科・肝胆膵外科関連病院にて研修
平成30年4月16日- 堀胃腸科外科院長に就任。
平成31年1月1日より堀胃腸外科としてリニューアルオープン  

【資格等】

日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化管学会胃腸科専門医・暫定指導医
厚生労働省認定臨床研修指導医
緩和ケア研修会修了
医学博士

【院長一言】

当院は昭和58年に先代・堀公行が「堀胃腸科外科」として、当地加古川市野口町に消化器系メインの総合診療科有床診療所として開設しスタート、そして平成31年に私が引き継ぎ「堀胃腸外科」として再スタートしたクリニックです。
私の経歴は、一般消化器外科医として肝胆膵系手術や腹腔鏡下手術を始めとした外科治療に従事してまいりました。また、外科的治療以外では消化器系固形癌に対する化学療法や終末期癌患者さんに対する緩和医療についても携わっておりました。
さらに私は播磨地区、何かの縁があったのでしょうか、偶々ではありますが加古川で勤務医として大半を過ごしていました。そのため、私が当院へ赴任した後も、かつて自身が手術・治療を行った患者さんを継続して診させていただくことができますので、これは当院の強みの一つかもしれません。このような患者様が当院に来院していただくたびに、みなさまが現在も変わりなくお過ごしになられている姿を拝することができますのは、自分のこれまでしてきたことが、なにか報われる気がして嬉しく思っています。  
これからは、今まで培った経験をもとより、日々進化していく医療技術や知見に対してアップデートを怠らず、外科診療のみならず総合科的な立場で診療を行い皆様のお役に立てたら、と思っております。

当院スタッフ一同、皆様のお力になれますよう尽力してまいります。今後ともご指導ご鞭撻よろしくお願い申し上げます。  院長・堀宏成

 


▲ページの先頭へ