外科、といっても…

外科・一般

外科とは本来治療手段に観血的な手段を含む科目を指します。

しかし当院のような町医者の場合、屋号に「外科」が付いていても、実際には手術をメインとした診療を行うのは現実的には不可能です。私どもは消化器外科(胃大腸肝胆膵)を専門としていますが、その診療の実際は「消化器にまつわる全般的なこと」になります。いうなれば、”外科的な観点をもった”内科診療を日常的に行っております。

手術

仮に悪性疾患が発見された際に、手術が最も効果的な治療法となります。ただし手術は人体に侵襲が加わる治療でもあり、安易に施す手技でないことも確かなこと。そのための医療技術は日々進歩発展しております。また予防医学も同様にしんぽしており、病気の早期発見の努力、啓もう活動が行われるなどしています。
当院では、かつては手術加療をも請け負い地域の皆様に還元して参りました。しかし昨今医療事情を鑑み、病棟を2012年に閉鎖しそれとともに当院での手術治療については一旦終了させていただきました。
その後、当院における外科クリニックとしての使命は、受診される方々が手術を受けなければならない状況に陥らないよう日々努力することに注力しております。
現在入院を含む全身麻酔での手術が必要な患者様には、的確なアドバイスをさせていただき症状に応じて至適な周辺基幹病院へ紹介させていただいております。

※当院は、加古川中央市民病院、兵庫県立加古川医療センター、兵庫県立がんセンターと病診連携をしております。特に加古川医療センターとは綿密に連携しており、院長自ら出向して自ら執刀を含めて手術参加し(胃大腸系、肝胆膵系、各種ヘルニア含む)、術後の外来フォローはかかりつけ医となる当院にそのまま引き継ぐことができるというのが最大の特徴となっています。

術後患者さんの外来通院は、通常の診察のみならず各種悪性疾患治療ガイドラインに則った治療を含めたフォローアップも行っています。お気軽にお問合せください。

病診連携実績

 準備中

▲ページの先頭へ