外科

外科

外科とは治療手段に観血的な手段を含む科目を指し、それが手術であったりあるいは創傷の治療手段なども含む言葉です。

近年専門性を重視した風潮から、かつての何でも屋的な”外科”の呼称は本来時代のニーズに合わないものと言わざるを得ません。一般的に外科=消化器外科を指すことが多いと思われます。

その他に「外科」が付く科目は、整形外科、心臓血管外科、形成外科、乳腺外科、などを始めとして、「外科」呼称が付かない外科系として、皮膚科、泌尿器科、婦人科、など多岐にわたります。

当院の場合、消化器を専門としておりますので、外科は外科でも消化器外科(胃大腸肝胆膵)となります。

手術

仮に悪性疾患が発見された際に、現代医学では切除(手術)することが最も効果的な治療法となります。ただし手術は人体に侵襲が加わる治療でもあり、安易に施す手技でないことも確かなこと。そのために医療技術はこれまで発展し、また病気の早期発見の努力、啓もう活動が行われるなどしています。

しかし、いくら医療技術が発展しても外科的侵襲的な手術がなくなることはないのかもしれません。 

当院ではすべての方に、受診される方々が手術を受けなければならない状況に陥らないようにすべく日々努力しておりますが、それでも万が一何らかの病気が発見された場合、入院を含む全身麻酔での手術が必要な患者様には、的確なアドバイスをさせていただき症状に応じて至適な周辺基幹病院へ紹介させていただいております。

※現在当院は兵庫県立医療センターとは特に綿密に連携しており、消化器系の各種手術(胃大腸系、肝胆膵系、各種ヘルニア含む)について院長自ら術者(開腹手術、腹腔鏡下手術を含む)として手術参加しております。お気軽にお問合せください。

創傷処置

 準備中

▲ページの先頭へ