リハビリテーション科

今だから、手あて! 触れる大切さ! テーマは「手あて・触れる事の大切さ」と インフォームドコンセントを重要視しています!!

リハビリテーション科とは

効果・結果の出るリハビリメニューを目指しています

本科の特徴は昨今医学の主流となりつつある総合診療科的な診たて、つまり現病歴・全身の所見・既往歴等を3次元的に複合要因としてとらえ、根本原因的アプローチを治療目標にします。 物理療法にとどまらず、運動療法・姿勢の矯正や修正・筋力トレーニングの指導・ストレッチ能力のUPなど老若男女問わずにそれぞれ原因別に効果を実感できるようにトライしています。

コミュニティーでの”温故知新”的取組み

地域のコミュニティーとして「井戸端会議的空間」「友和な対人関係」など日本本来のコミュニケーションをリハビリに取り入れてます。患者さんによっては生活や食の養生指導、はてはお悩み相談までよろずや的な和み空間としての居心地の良さを提供する努力をしております。 コミュニティーとして、ひと時のリフレッシュにお越し下さい。

臨床エビデンスに基づいた知見と総合医療コンシェルジュ様アプローチ

東西医学融合最新の医学知見を検証し知識のアップデートに努めております。また患者さん目線で考える医療コンシェルジュを目指して活動・取り組みをしています。媚びる意味ではない患者さんファーストを大事にしております。親子・夫婦・兄弟姉妹等の通院患者さんが多いのも当リハビリ科の特徴です。

担当者Date

担当者Date

神戸東洋医療学院卒業
天津中医薬大学短期研修終了
長野式臨床研究会 準マスター認定
YNSA学会所属
介護予防運動指導員認定
医薬品登録販売者認定
趣味等:京都・奈良・鎌倉めぐり、東西両医学の融合の探究、草花育て

▲ページの先頭へ