消化器科

こんな症状が出たら消化器科へ

あてはまる症状をクリックすると、詳細をごらんになれます。

堀胃腸科外科 消化器科
1.飲みにくい・嘔吐・吐血

飲み込むのが大変、飲み込むときに痛みを感じる。これはのど元(咽頭・喉頭)から食道にかけて、狭くなっている症状です。早目に受診し、内視鏡検査を受けて下さい。食道癌なら、症状が強い場合は進行癌の可能性があります。早期食道癌は症状がなく、内視鏡でなければ発見できないことがあります。

吐血は、食道・胃・十二指腸のどこにでもできる潰瘍からの出血による場合があります。緊急に内視鏡を行い、止血処置が必要な場合があります。
また、肺からの出血(喀血)や鼻出でも、吐血と間違うことがあります。

2.胸やけ・酸っぱい液があがる

食道ヘルニアから、胃液の逆流による逆流性食道炎が疑われます。内視鏡検査により正しく病状を把握した上で投薬治療が必要です。

3.胃もたれ・胃部不快感・上腹部痛

慢性胃炎・胃十二指腸潰瘍・ピロリ菌感染・アニサキス症などが疑われます。朝食を食べずに来院すれば、すぐに内視鏡検査が受けられます。 (尚、当日検査予約が多い場合は後日検査の予約をしていただきます。)

4.腹部がはる・便秘ぎみ

通常の便秘であれば、食事・生活リズムに注意し、必要であれば種々の排便を誘発する投薬等を行います。しかし、腸を閉塞するような腫瘍ができていたり、腹部の手術後の腸閉塞の場合もあり、安易な判断や投薬は行わず慎重な対応が必要なことがあります。

5.背に痛み

腰の骨や筋肉などに原因がある痛みがごく一般的ですが、背中に痛みをともなう腹部疾患には肝臓、胆道(胆嚢・胆管)、膵臓の良性疾患ならびに悪性疾患、腎・尿路結石、などがあげられます。その他に十二指腸潰瘍、便秘症、腸炎、気胸、心疾患などが考えられます。病歴の聴取を始め、痛みの原因となっている部位の画像を始めとした検査を行うのが肝要です。

6.腹部にしこり

自分でしこりに気付いたら、様子を見ずに早く受診しましょう。胃・大腸の大きな腫瘍はもとより、皮下や腹壁の腫瘍・膿瘍などの可能性があります。

7.腹痛・下痢

細菌性・ウイルス性やストレスによるものでも、重症の場合は点滴などの加療が必要です。難治性の腹痛・下痢を症状とする、小腸・大腸の病気が若い人にもあります。原因が思い当たらず、症状が長引く場合は、精査が必要です。

8.血便・下血

痔からの出血だとばかり思っていたら、ポリープや癌からの出血だったということがあります。本当に痔疾なのかどうか、やはり受診して頂き診察を受けていただいくのが大事でしょう。循環器系疾患に伴う腸管血流障害や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患に伴う下血なども考えられますので、腸の検査が必要です。受診して頂いた必要な検査等をアドバイスさせていただきます。

消化器科とは

食道、胃、腸、肝臓、胆嚢、膵臓などの各種疾患について精査を行い治療を行います。

ピロリ菌とは

ピロリ菌とは、胃内で活動する菌で、日本人の70%が保有者といわれています。
潰瘍やがんの原因になるとも考えられ、除菌することで病状が改善することがあります。
堀胃腸科外科では長年の研究にもとづいたピロリ菌検査と治療を行っています。

▲ページの先頭へ