B型肝炎・C型肝炎

B型肝炎・C型肝炎とは

B型肝炎はB型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎はC型肝炎ウイルス(HCV)に感染することで起こる肝炎です。肝炎になると肝臓の細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなり、発熱、黄疸、全身の倦怠感などが主な症状として出てきますが、自覚症状が出ない場合もあります。

B型は感染力が強く、輸血、血液の接触、母子感染、性行為等で感染しますが、経口感染、空気感染はしません。

C型は感染力は弱く、輸血、血液の接触で感染しますが、母子感染、性行為での感染はまれです。しかし、治りにくく自然治癒することは極めてまれです。

ともに慢性化し放置しておくと、肝硬変、そして肝ガンに進行する可能性が高くなります。

慢性肝炎の治療法

慢性肝炎の沈静化、そして肝硬変・肝がんの阻止を目的に、多くはインターフェロン治療を行います。

インターフェロンを投与することで、体内のウィルスの増殖と活動を阻害しますが、利きやすい方、利きにくい方がいらっしゃいます。
また、強い副作用(発熱、だるさ、疲労、頭痛、筋肉痛、まれにめまいやうつ状態など)を起こす可能性があり、治療によりどの程度効果を期待できるか患者様と相談した上で治療を行うか決定する必要があります。

▲ページの先頭へ