B型肝炎・C型肝炎

B型肝炎・C型肝炎とは

B型肝炎はB型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎はC型肝炎ウイルス(HCV)に感染することで起こる肝炎です。これら肝炎ウイルスは通常の細菌感染とは異なり、細胞核内に取り込まれるためウイルスの排除は基本的には不可能です。

肝炎になると肝臓の細胞が壊れ肝臓の働きが悪くなり、発熱、黄疸、全身の倦怠感などが主な症状として出てきますが、自覚症状が出ない場合もあります。

B型は感染力が強く、輸血、血液の接触、母子感染、性行為等で感染しますが、経口感染、空気感染はしません。

C型は感染力は弱く、輸血、血液の接触で感染しますが、母子感染、性行為での感染はまれです。しかし、治りにくく自然治癒することは極めてまれです。

ともに慢性化し放置しておくと、肝硬変、そして肝ガンに進行する可能性が高くなります。

慢性肝炎の治療法

B,C型ともに慢性肝炎の沈静化、そして肝硬変・肝がんの阻止を目的に、かつてはインターフェロン治療が一般的に行われていました。

インターフェロン治療は現在でもタイプによっては効果的な治療方法の一つですが、その反面、強い副作用(発熱、だるさ、疲労、頭痛、筋肉痛、まれにめまいやうつ状態など)を起こすことが問題となるため、またB型肝炎には効果が薄い、等の理由で治療が続けられないことも多々ありました。

しかし昨今ではB型肝炎、C型肝炎それぞれに対して治療ガイドラインが策定されるようになり、また簡便な内服薬などによる新薬の開発なども進んでいるため、ウイルスの駆除(抗体の形成促進) を始めとして慢性肝炎の鎮静化については以前とは比較にならないほど改善しました。

通常の細菌感染と異なり、ウイルス感染罹患から解放され無病になることが叶わないことも事実ですが、上手く付き合っていくことで十分な予後の改善が見込むことが出来るようになっております。 

 

(この項は適宜更新いたします。) 

▲ページの先頭へ