潰瘍性大腸炎・クローン(氏)病

潰瘍性大腸炎、クローン(氏)病ともに、炎症性腸疾患に分類されます。
炎症腸疾患とは、消化管に原因不明の慢性持続性炎症を起こす疾患の総称です。

直接、命にかかわる危険性は少ないですが、根治的治療法は確立されておらず、日常生活に大きな支障をきたすため、専門医と相談してご自身にあった適切な治療を行なうことが大事です。

潰瘍性大腸炎

大腸に炎症を起こす原因不明の疾患。全消化管にわたるクローン(氏)病と異なり、大腸に生じ、大腸ガンとの合併頻度が高くなります。

症状

症状は血便、腹痛、下痢で、これにより自覚する場合が多く、他に発熱、体重減少、腹痛等を伴います。大腸や関節、皮膚、眼などに合併症を起こす場合もあります。

検査方法

主に内視鏡検査、血液検査を行ないます。

治療法

食事療法、薬物療法、白血球除去療法などの内科的治療でいったん症状が落ち着きます(緩解状態)が、再発を繰り返すことが多く、緩解状態を維持するため引き続き内科治療が必要になります。
緩解せず持続し重症の場合は、手術が必要になる場合もあります。

クローン(氏)病

口腔内から肛門まで全消化管に炎症・潰瘍を起こす原因不明の難病です。

症状

腹痛、発熱、下痢、体重減少、倦怠感、吐血、などを起こします。痔ろう、関節炎など合併症を伴う場合があります。

検査方法

主に血液検査、X線検査、内視鏡検査などにより判定を行ないます。

治療法

原因不明の難病のため、根治療法は現在のところありませんが、症状を軽くしたり、悪化を阻止する目的で治療が行なわれます。治療法としては、栄養療法、薬物療法、外科的治療などがあります。

堀胃腸科外科では、潰瘍性大腸炎、クローン(氏)病の検査から治療まで専門医が対応いたします。ご相談ください。
TEL 079-425-4188

▲ページの先頭へ