上部内視鏡(経口&経鼻)

内視鏡検査はもう苦しくない

口からのほか、鼻からの内視鏡検査も

堀胃腸科外科の鼻からで苦痛が少ない経鼻内視鏡 当院では内視鏡検査を「口から」と「鼻から」の二通りからお選びいただけます。
どちらにもそれぞれのよい点があります。また、麻酔をかけて苦しさを軽減することもできますので、ご相談ください。

鼻からの胃カメラ
 ・ おえっとならない
 ・ 口がふさがらず喋れるので安心
 ・ 患者さんが自分の胃内をモニターで
   確認しながら質問できる
 ・ 苦しくない

口からの胃カメラ
 ・ より鮮明な映像で検査できる
 ・ 細かいところまで見える
 ・ 麻酔で苦痛を軽減できる
 ・ 経鼻レンズで映りにくいレベルの病理も
   見落とさない

なぜ鼻からの内視鏡検査はいいの?

鼻からの内視鏡検査だと吐き気がすくない
鼻からで苦痛が少ない経鼻内視鏡のしくみ

風邪をひいたときの診察で、舌の奥をヘラみたいなもので押されて「オエッ」となりそうな経験をしたことがあると思います。これを咽頭反射(いんとうはんしゃ)といいますが、口から内視鏡を入れる場合は、多少なりともこうした咽頭反射が起こります。ところが、鼻から入れる場合は舌の根元に触れないので、ほとんど吐き気をもよおすことなく検査することができます。

鼻からの内視鏡検査のメリットと比較
鼻からの内視鏡検査だと吐き気がすくない
口からと鼻からで胃カメラのサイズはこんなに違う

微細精密加工技術により、先端部径5.9mmという、消化管用スコープとしては細いスコープを実現しました。従来の内視鏡に比べ、およそ半分です。このため、鼻腔からの挿入が容易に行えます。

この細さが嘔吐感をおさえ、楽な検査にしてくれます。

経鼻用は先端のレンズが小さいため、「より詳しく調べて欲しい、綿密に検査して欲しい」という時には、口からの内視鏡が適しています。レンズが大きいためはっきりした細部までわかる映像で、ちいさな病理も見つけやすくなります。

経鼻内視鏡といままでの内視鏡のサイズ比較


胃潰瘍の多くはピロリ菌による感染症

内視鏡介在感染を防ぎます
堀胃腸科外科のピロリ菌内視鏡介在感染をふせぐ内視鏡消毒装置

胃がんになるリスクが高くなる

最近、ヘリコバクターピロリ菌や一般最近の内視鏡介在感染が問題となっています。
これらの内視鏡介在感染を防止する為、内視鏡消毒装置を導入しました。
当院では、清潔な内視鏡での検査・治療を心がけています。

▲ページの先頭へ