検査前の準備について

各検査前の準備についてご説明いたします。

※当ページ記載のないもの・あるもの含めて、検査前後にご注意いただく事項は来院された時に詳しくご説明いたします。

胃カメラ検査(内視鏡検査)

胃カメラ検査(内視鏡検査)の注意事項

検査前日
  1. 夕食は消化のよいものを軽めにすませてください。
  2. 午後9時以降は飲食しなでください。
  3. 水のみ摂取OKです。
検査当日
  1. 食事はしないでください。
  2. たばこも禁止です。
  3. 高血圧、心臓のくすりを服用されている方は、少量の水で服用してください。
  4. タオルを1本ご持参ください。

楽に胃カメラ検査を受けていただくために

今まで胃カメラ検査を受けたが必ず「おえーっ」(咽頭反射)となる方、初めて胃カメラ検査を受けられる方で苦しそうだからいやだと思っている方は、次の方法を選択してください。

経鼻カメラ

鼻から挿入することにより咽頭反射はましになります。

静脈麻酔を行う

眠っている間に検査をおこないます、無痛で苦しくない検査ですが検査後30分~1時間の安静が必要です、車の運転はさけてください。

※大腸カメラ、大腸透視検査は腸の中をきれいにするために前日から下剤を飲んでいただく必要があります、来院された時に詳しくご説明いたします。

大腸検査前(内視鏡検査・X線検査)

大腸カメラ検査(内視鏡検査)

この検査は、肛門よりファイバースコープを入れて大腸の病気を調べたり、大腸にポリープがみつかった人は、それを取り除いたりする検査です。

大腸透視検査(X線検査)

この検査は、大腸の炎症性の病気(腸のただれ・きず)、大腸のポリープ、その他をレントゲン写真により診断する検査です。
大腸はそのままでは写真に写りませんので、造影剤(硫酸バリウム)を肛門から大腸に入れて大腸がよく見えるようにしてから写真を撮ります。
検査は20~30分で終わります。

大腸検査前の準備について

大腸内をからっぽにして、検査を行ないます。図のように、大腸の中に食物の残渣(便)が残っていると、検査のさまたげになり、検査が受けられなかったり、正確な診断が得られないことがあります。
そのようなことがないように、指示を守り検査にご協力ください。

※検査前後にご注意いただく事項は、来院された時に詳しくご説明いたします。

▲ページの先頭へ