各種検査費用

検査の費用(3割負担)薬剤等で費用が前後します、目安とお考えください。

検査内容費用(3割負担)
胃カメラ(内視鏡検査) 3500円
胃カメラ(内視鏡検査)※生検あり 8,000円
大腸カメラ(内視鏡検査) 3,700円~5,600円
大腸カメラ(内視鏡検査)※生検あり 7,700円~9,700円
大腸カメラ(内視鏡検査)※EMRあり 22,000~30,000円(材料費等込)
胃透視検査(X線検査) 4,000円
大腸透視検査(X線検査) 5,400円
エコー(胸、腹部) 1,590円
エコー(その他) 1,050円
心臓エコー 2,640円

※胃カメラ(内視鏡検査)、大腸カメラ(内視鏡検査)は薬剤により費用が変わります。

※大腸カメラ(内視鏡検査)は全大腸挿入できなかった場合、費用が変わることがあります。

※「※生検あり」は、胃や腸に病変が見つかるとその組織を採取し病理医が顕微鏡検査を行い、良悪(癌か非癌か)や炎症の程度などの診断料も含みます。

※胃透視検査(X線検査)、大腸透視検査(X線検査)は撮影回数で費用がかわります。

※上記金額には診察料は含まれておりません。

臨床研究に関わる検査等の負担について

当院ではかねてより自己免疫性胃炎などを始めてとして各種疾患の臨床研究を行っており、該当するまたは該当すると思われる患者様に対し、保険診療の適用内で行われる検査はもちろんのこと、現在の保険診療ではまだ認められていない項目なども併せて検査することをお勧めする場合があります。

一例として、自己免疫性胃炎については、詳細については、自己免疫性胃炎のページに記しておりますが、この疾患については未だ解明されていない事柄が多いため、皆様のご協力によるデータ収集が欠かせません。ただし、保険診療での認可が下りない検査項目があるため自費診療請求(100%)とならざるを得ません。

また、加古川市の検診で行われる、採血による「胃癌リスク診断」 (通称「ABC検診」)として、ペプシノーゲン検査(PG-I/II)が行われていますが、実はこれも健康保険の対象とならず全額自費診療(当院は1900円)となっています。

この自費診療の当院での例をあげると、ヘリコバクターピロリ除菌についてはかつては胃潰瘍などの疾患があってのみ除菌治療が保険診療で認められておりましたが、当院では慢性胃炎で、かつピロリ菌陽性の方に対しては保険診療が認められるずっと以前より、自費診療において除菌を進めてまいった経過がございます。 現在では当たり前になっておりますが、医学的な妥当性を考えたうえでの診療であった自負があります。

これらの検査を行う際は、事前に患者様に説明を行いご納得、ご賛同の頂いた方に対してはご協力をお願いしております。 もちろん強制ではなく経済的負担を強いるものですので、拒否することは全く問題ありませんので、しっかりと意思表示してください。

皆様の不利益とはならぬよう慎重に対応したいと思いますので是非ご理解のほどよろしくお願いします。

 

▲ページの先頭へ