ピロリ菌除菌療法(費用)

ピロリ菌の除菌療法は、かつての健康保険制度では、胃潰瘍、十二指腸潰瘍,胃MALTリンパ腫、血小板減少性紫斑病、早期胃がん術後の確定診断ができている患者様しか健康保険で除菌療法は行えませんでした。

最近、ピロリ菌と胃がんの関係があるとする研究結果も出ています。胃潰瘍や十二指腸潰瘍がなくても、ヘリコバクターピロリ感染が証明された場合(採血、培養法、鏡検法など)、除菌療法は現行法では保険適応となりました。

ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌療法の費用(2018.8修正)

窓口でお支払いいただく一例をお示しいたします。ピロリ菌の除菌療法を希望される方は当院までお申し出下さい。 。

A)
検査・試験名費用(税抜) 3割負担の場合
ヘリコバクター・ピロリ菌培養検査

3,300円

 990円

ヘリコバクター・ピロリ菌抗体検査

2,540円

 760円

ヘリコバクター・ピロリ菌耐性試験

1,700円

 510円

B) 
費用(諸費用含む)3割負担の場合 
ボノサップパック400(733.8円) 7シート 6,380円  1,910円
ボノサップパック800(884.0円) 7シート 7,360円  2,210円

※上記処方のうちのどれかになります。

※患者様により薬の内容が変わることもあります。ご了承ください。

C)

除菌後6週間後で除菌ができているかどうか呼気試験(UBT)で行います。

※なお、粘膜機能の回復具合をペプシンノゲンI/II検査で行います。この検査についてのみ、現在も自費診療のままとなっております。当院では同時に採血することをお勧めしております。 

検査・試験名費用(諸費用含む) 3割負担の場合

UBT呼気試験 

4,940円  

1,480円
※ペプシノゲンI/II検査 (採血) 1,944円  -

関連ページ

▲ページの先頭へ