人間ドック・各種検診 空き状況確認・予約
堀胃腸科外科 兵庫県加古川市周辺地図

バス:JR加古川駅から神姫バス「坂元」下車、南へ。
同駅から加古バス「長砂西口」下車、北へ。
車 :国道2号線 野口交差点南へ約100m。
幹線 安田交差点北上約500m。
タクシー:JR加古川駅、東加古川駅よりともに10分。

地図を拡大

>日本消化 器外科学会
>日本消化管 学会
>日本消化 器病学会
>日本消化器 内視鏡学会
>日本外科 学会
>日本医師会
>日本ヘリコバ クター学会

ESDとは

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)について

ESD~内視鏡による胃がん手術~

ESD(Endoscopic Submucosal Dissection)とは、早期がんに対して行われる内視鏡的療法です。
一般的な開腹手術と比べ患者さんへの負担が軽く、入院日数が短期間ですむため新しい外科治療方法として注目されています。
ESDは、同じ内視鏡治療にあたるEMR(内視鏡的粘膜切除術)より高度な技術を必要とするため手術時間は長くなりますが、専用の処置具や機械を使用して組織をまとめてはがすために取り残しが少なくなります。
また、広範囲に病変を取ることができるため、その後の病理検査の際にも役立つとされています。

施術方法

1.マーキング

内視鏡を入れて、病変の周囲に目印をつけます。

2.局注

粘膜下層に薬剤を注入し、浮かせた状態にします。

3.切開・剥離

ナイフを挿入しマーキング部分を切開し、病変部を少しずつ剥離(剥離)していきます。

4.切除終了

粘膜下層をナイフで最後まで剥離、もしくはスネアで切り取り切除終了となります。

5.止血

切除面に出血がないかを確認後、止血処置を行います。

関連ページ

▲ページの先頭へ