堀胃腸科外科 兵庫県加古川市周辺地図

バス:JR加古川駅から神姫バス「坂元」下車、南へ。
同駅から加古バス「長砂西口」下車、北へ。
車 :国道2号線 野口交差点南へ約100m。
幹線 安田交差点北上約500m。
タクシー:JR加古川駅、東加古川駅よりともに10分。

地図を拡大

>日本消化 器外科学会
>日本消化管 学会
>日本消化 器病学会
>日本消化器 内視鏡学会
>日本外科 学会
>日本医師会
>日本ヘリコバ クター学会

ポリペクトミーとは

早期ガン治療(ポリペクトミー)

内視鏡による胃腸手術 

ポリペクトミーとは、胃や大腸にできたポリープを内視鏡を使って切除・治療する方法です。
手術は内視鏡を用いて行うため、一般の開腹外科手術と比較して患者さんにかける負担が少なくなります。
ポリペクトミーを行う対象となるポリープは、隆起状のもので茎やくびれがある10~15mm以下の小さなものです。表面型の病変を対象にすることもあります。

手術は、内視鏡を挿入後、スネアと呼ばれる器具を使用して病変部を切り取ります。
スネアは高周波の流れるワイヤーで、投げなわのようにひっかけて病変部の根元をつかむことができます。
病変部を切除する際は、高周波電流で焼き切る方法と、ワイヤーを絞めて根元を壊死させて自然脱落させる方法があります。

小さなポリープに対する治療

隆起の少ないポリープは、局所注射で根元に生理食塩水などを注射し、ポリープを隆起させてから切除する場合もあります。
小さかったりくびれがないポリープの場合には、ホットバイオプシーと呼ばれる治療方法もあります。
ホットバイオプシーは、クリップ状の鉗子でポリープをつまんだ状態で高周波電流を流し切除します。
小さなポリープ(5mm以下の病変も対象)にしか使えませんが、短時間で行える治療方法です。そのため、小さなポリープをたくさん切除したい場合などに使われます。

組織検査

切除されたポリープは、組織検査をすることにより、良性か悪性かの判断をすることができます。
悪性の場合はその悪性度の判断が可能になります。
切除した組織の端を検査し、ガン細胞が残っていなければ、ガン細胞は全て切り取られたと判断されます。

関連ページ

▲ページの先頭へ