ピロリ菌外来

ピロリ菌は胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌などには密接な関係があると指摘されており、ピロリ菌除菌を行うことで、これらの症状を減少させることが明らかになっております。

しかし、なかにはピロリ菌除菌が適さない方もいらっしゃいます。(参照:ピロリ菌除菌前の注意
当院では専門の医師が診断し、ピロリ菌除菌の処置をするか、また患者様に合った適切な除菌方法の判断をします。是非とも専門医がいる当院にご相談ください。

ピロリ菌の除菌療法は、かつての健康保険制度では、胃潰瘍、十二指腸潰瘍,胃MALTリンパ腫、血小板減少性紫斑病、早期胃がん術後の確定診断ができている患者様しか健康保険で除菌療法は行えず自費診療でした。 しかし2013年2月に保険診療法が改正され、現在ではピロリ菌陽性の慢性胃炎での患者さんにも除菌療法が保険適応となりました。

対象

  • 胃癌予防にピロリ菌除菌を考えている方
  • ピロリ菌感染の有無を知りたい方

初診の方へ

保険証をご持参ください。

関連ページ

▲ページの先頭へ