人間ドック・各種検診 空き状況確認・予約
堀胃腸科外科 兵庫県加古川市周辺地図

バス:JR加古川駅から神姫バス「坂元」下車、南へ。
同駅から加古バス「長砂西口」下車、北へ。
車 :国道2号線 野口交差点南へ約100m。
幹線 安田交差点北上約500m。
タクシー:JR加古川駅、東加古川駅よりともに10分。

地図を拡大

>日本消化 器外科学会
>日本消化管 学会
>日本消化 器病学会
>日本消化器 内視鏡学会
>日本外科 学会
>日本医師会
>日本ヘリコバ クター学会

インフォームド・コンセントと癌告知

インフォームド・コンセント

最近テレビや新聞で癌の話題をよく耳にします。実際不必要なくらいの知識が私たちの目の前で展開されています。その中には、まだ医学会でも結論の出ていない事柄が、あたかも普通に行われているように言われたりしています。癌のことは日進月歩の研究成果があり、報道するマスコミの人達には記事に注意深い吟味を考えてほしいものです。

癌の告知

緊張の一瞬

さてこのような世の中にあって、私たち診療に携わる医師にとって、目の前で癌を診断したとき、それをどのように患者さんへ伝えるべきか大変な緊張を覚える一瞬なのです。私自身は十数年前より早期の癌の時にははっきりと「あなたは癌にかかっています」と述べてきました。まだ以前にはそうした言葉に怒りや不信感をあらわにした人たちがおられました。最近ようやく、冷静に話を聞く人が増えてきました。癌は確かに恐ろしいものです。静かに突然、背後から襲いかかるようにふりかかってくるものなのです。だからといって逃げていては何にもなりません。癌は正しくそれを知って、恐れるべきものなのです。

乳癌

最近乳癌では、たとえ遅れていてもはっきりとその事をお教えせざるを得ない状況にあります。それは週刊誌等を通じて、女性はあまりにも知りすぎてしまったというか、不確定なことまで不十分な知識を習得してしまったことにあります。乳癌は全身病といわれ、発見した時点でその将来はほぼ定まっていると考えられています。胃癌でも、タレントの逸見政孝さんがかかって話題になったように、進行スピードの早い細胞の癌もあれば、私が経験した症例のように10年間かかって5mm大の胃癌を確定したスピードの遅い癌もあります。大腸癌などもその殆どは進行癌になるには3~5年はかかっています。

大腸癌

殊に最近では大腸癌が話題になっていますが、ポリープは癌の初期のものと理解されつつあります。これははっきり言って間違いです。ポリープでも癌になるのはその極わずかしかないのです。こういうことを知っていただいて初めて医者と患者の間にインフォームド・コンセントという病気を中心とした理解と信頼の和が生じてくるものと考えます。

もし、あなたが癌にかかったら・・・?

さてあなたはもし癌にかかったとき、はっきり医師からその告知をしてほしいと思いますか。私は消化器系の進行癌のときは(悪性腫瘍)といって癌の“が”の一言も現在はいいません。しかしあと4~5年もすれば(あなたはあと何年ぐらいの寿命)と言わねばならない時代がくるように思われます。

告知は必要な条件

それはあのタレント逸見政孝さんの騒動のように、医師と患者側の言った言わないの紛争が増えているような気配があり、患者側にとってはおいしい話のみが耳に残り、医師側には納得さしえたという早合点が残ります。治療がうまくいっている場合はいいのですが、うまくいかないことが生じてきたときに問題が発生します。そういう事態を防ぐためには癌としての明らかな告知は必要な条件となってくると考えられるのです。

心の準備・・・

癌の告知は突如やってきます。される立場には大変なショックであることは想像に難くありません。しかし人間である以上、いつかはかかるかもしれないのが病気です。その時にどのように話を受け止めるべきか、ある程度の心の準備を決めておくことは必要なのではないでしょうか。

胃十二指腸潰瘍ってピロリ菌のせい?

潰瘍はなかなか治らない

潰瘍持ちっていやですね。いつも忘れていた頃に、思い出させるように胃が痛くて夜中に目が覚める、そして何か少し食べるとおさまる。そんな日がえんえんと続きますね。

抗潰瘍薬の効き目は?

でも最近の抗潰瘍薬は大変よく効きます。痛みだけは、薬を1週間も飲めば消えていきますでしょう?でも胃カメラを呑んでみると、潰瘍はそんなに簡単に治っていませんね。3~4カ月も薬を飲んで、やっと胃カメラでも治ったと思っていたら、1年前後でまた痛み出した。「あの医者、わしの潰瘍、よう治しゃせん。今度医者を変えたろう」と思ったことはありませんか。

潰瘍と胃酸

潰瘍には胃酸の影響が強く関係すると聞いたことがありませんか?でも胃酸が強くなくても、しょっちゅう潰瘍にかかる?そうなんです。これは胃壁の粘膜の防御側に問題があるのです。

胃粘膜の防御メカニズムを壊す原因

最近の研究で、この胃粘膜の防御メカニズムを壊す原因にピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の存在があるといわれています。ただこのピロリ菌は、潰瘍の慢性化の原因のみならず、胃癌を生じやすい慢性萎縮性胃炎や一つの胃悪性リンパ腫の原因となることがわかってきました。

潰瘍とピロリ菌

ピロリ菌とは

二十数年前、神戸出身の日本人妻をもつオーストラリアのある研究者によって同定されました。この口から入った菌が、胃の粘膜に取りついて、強烈なアンモニアを発生させ、胃粘膜の大事な機能、とくに胃酸を防ぐ機能をいつも壊している。

なぜ潰瘍はくり返すのか

過去に潰瘍を深く作った人のその場所は、潰瘍の傷跡が残り、正常な粘膜構造をもたなくなりましたから、少しでも胃酸が強くなると、また粘膜が溶かされ潰瘍になってしまうという、この繰り返しが起こっていると考えられているのです。

潰瘍の再発

だから胃酸を強く出す、気温の変わる季節の変わりめの体が受ける微妙なストレスや、精神的ストレス、過ぎた喫煙などは、潰瘍再発の第一原因ではありますが、もとからピロリ菌が胃粘膜に住みついていれば、そのときには簡単に潰瘍が再発してくるという訳です。

ピロリ菌除菌の効果

従ってピロリ菌をいなくしてしまえば、潰瘍再発は劇的に防がれるだろうといわれ、欧米では中心的な治療法となっていると聞いています。しかしその治療法は、PPIと抗生物質を中心に、それを常用量の2倍を七日から十日確実に服用する必要があります。もちろん薬服用の前後には、ピロリ菌存在の効果判定の検査が必須条件となってきます。

ピロリ菌除去療法

実際このピロリ菌除菌療法は私を含め、多くの患者さんで経験していますが、この治療法への理解と同意が絶対条件であり、中途半端になさるなら、耐性菌をつくることにもなりかねないので、実施に対しては慎重になさるべきでしょう。

大腸ポリープについて

大腸がんの増加

最近、大腸がんの増加がいわれ、血便が出たといって深刻な顔をして受診される方が相次いでおります。実際診察しますと、90%くらいの人が切れ痔やいぼ痔によるものです。

大腸ポリープ=大腸がん?

肛門からの出血は、真っ赤な新鮮なものです。しかし薄い赤みや赤黒い血の混じった便、また潜血反応でしかわからないものにポリープや大腸がん、また消化管内の炎症反応を表すことがあります。殊に最近大腸ポリープというと、イコール癌と思う人が多くみられるので困ります。たしかにポリープの中に癌化するものもありますが、全てが癌化するものではありません。

ポリープの中の癌細胞

実際、私のところで調べた、内視鏡切除したポリープ500例中で、顕微鏡的に癌細胞を見いだしたものは約13%、しかもそのポリープはほとんど直径1cmを越しているものでした。そして5mm以下のものでは全く癌細胞は見いだせませんでした。

大きさが悪性度を示す

近年の内視鏡は大きく拡大してポリープを観察でき、染色してその表面模様を見ることができ、そこから癌の肉眼判定をしようと試みます。しかしやはり、大きさがその悪性度を示すようです。ただし2cmを越したものに、癌細胞が発見できないものもみられました。

腺腫性と判断したら切除

また5~6年経っても大きさの変わらないものも、よく見られます。従ってどのポリープが将来癌化するか、現状ではわからないといってよく、そこで内視鏡下で染色の上、腺腫性と判断したものは切除したほうが良いというわけです。

大腸内視鏡

また2~3mm以上のポリープは、上手に撮るとレントゲンでも発見できます。大腸内視鏡は1本の棒ですが、それを曲がりくねった大腸へ挿入していくわけですから、腸を引っぱり、多少の痛みも伴います。この私も、大変な痛みを覚悟してやってもらっていますが、最近は鎮痛剤を先に処置して行う傾向にありますので、全く痛みを訴えることのない人も多くあるようになりました。

一度検査を・・・

ポリープくらいの大きさでは、自覚症状が出るはずはありませんので、癌年齢に達したと思われる人、家系的に癌が多いと不安を覚える人は、一度検査を受けることを勧めるわけです。

(「ミニコミかこがわ」掲載)

▲ページの先頭へ